KURAGE online | 世界 の情報

KURAGE online | 世界 の情報

「 現状 」 の情報 

[FT]トランプ氏、コロナ感染増も選挙集会を強行へ

トランプ米大統領がニューハンプシャー州で大規模な選挙集会を計画している。新型コロナウイルス感染拡大を鈍らせるために米国の保健当局が大規模集会に参加しないように国民に呼びかけている現状に反する動きを...

デザイナーのガブリエラ・ハーストが語る、コロナ後のファッションの未来

この数ヶ月間に起こったことに対して、私たちは大いに考えさせられた。パンデミックによってファッション業界は現状を把握し、時代遅れの、非倫理的あるいは道徳的に謝ったシステムの見直しを迫られた。従来のランウェイショーにも疑問が呈された。何千ものエディターたちが...

タイ)本日の新規感染者は帰国者1名、全事業再開も国内感染は報告なし

本日の2020年7月3日の朝、タイ政府のCCSA(コロナ対策担当:Covid-19 Coronavirus Situation Administration)は定例会見を実施し、武漢ウイルスの新たな感染確認者は、本日は6となった事を発表しました。 (NBT報道). 現状の概要をお伝えします。 (NBT報道). 累計感染...

米のコロナ感染「1日10万人も」 国立研所長が警告

ワシントン=鳳山太成】米国アレルギー感染症研究所のファウチ所長は30日の議会証言で、米国の新型コロナウイルス感染者について現状が続けば「1日10万に増えても驚かない」と述べた。足元で同4万...

ジョコ氏、内閣改造に言及 コロナ対応で閣僚一喝

【ジャカルタ=地曳航也】インドネシアのジョコ大統領は、国内で新型コロナウイルス感染拡大を抑えられていない現状を踏まえ、閣僚に内閣改造も辞さない考えを表明した。コロナ対策で迅速な対応を促した。大統領...

北京コロナ第二波はなぜ起きたのか?【中国問題グローバル研究所】

*15:25JST 北京コロナ第二波はなぜ起きたのか?【中国問題グローバル研究所】 【中国問題グローバル研究所】は、中国の国際関係や経済などの現状、今後の動向について研究するグローバルシンクタンク。中国研究の第一者である筑波大学名誉教授の遠藤 誉所長を中心...

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち シアトル「占拠」自治区はなぜ生まれたのか

米北西部ワシントン州シアトルの一角が、デモ隊に占拠され、「自治区」が設置された。今ここで一体、何が起きているのか。 この連載の前回の記事「『シアトル占拠』に市長『お祭りみたい』、大統領は『制圧せよ』」に続いて、その背景と現状を自治区からの情報や現地の報道をもと...

拉致解決に「猶予ない」 菅氏、被害者家族が高齢化

拉致問題担当相を兼務する菅義偉官房長官は12日の衆院拉致問題特別委員会で、拉致被害者の親ら家族が高齢化している現状を踏まえ、解決が急務との認識を強調した。被害者の横田めぐみさんの父、滋さんが今月5日に亡くなったことに触れて「もはや一刻の猶予もない」と...

新型コロナ時代に死にゆく香港(1)【中国問題グローバル研究所】

中国問題グローバル研究所】は、中国の国際関係や経済などの現状、今後の動向について研究するグローバルシンクタンク。中国研究の第一者である筑波大学名誉教授の遠藤 誉所長を中心として、トランプ政権の ”Committee on the Present Danger: China” の創設...

膠着状態の政府間交渉に拍車をかける金正恩の健康不安説

拉致をめぐる政府間の交渉は膠着状態が続いている。北朝鮮の国内から漏れてくる関連情報も減ってきた。残念ながら、目覚ましい成果を期待できるような環境にはないようだ。 八方塞がりの現状を悪化させかねない事態も発生している。4月末に世界中を駆け巡った「金…...

Copyright© KURAGE online | 世界 の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.