KURAGE online | 世界 の情報

KURAGE online | 世界 の情報

「 人 」 の情報 

【非常識】最初にコロナにかかるのは誰?アラバマの大学生が賭博パーティー開催で物議!

米アラバマ州にある大学に通う学生たちの間で、とんでもないパーティーが開催されていたことが明らかになり物議を醸している。 それは、パーティー参加者らが箱の中に賭け金を入れ、最初にコロナにかかったがそのお金を全て受け取れるというもの。...

《安全》腺ペスト感染疑い、内モンゴル自治区で報告

内モンゴル自治区バヤンノール市衛生健康委員会は5日、同市ウラド中旗の病院で腺ペストの疑いがある患者が1報告されたと発表した。これに伴い同市は腺ペストの警戒態勢全4段階の上から3番目となる「3級」を敷き、年末まで防疫措置をとるとした。 市当局は、「と...

報道機関も弾圧対象か フィリピンで反テロ法成立 令状なし逮捕が可能に

フィリピンで治安当局の権限を拡大する「反テロ法」が3日、ドゥテルテ大統領の署名により成立した。政権は反政府勢力の取り締まり強化が目的と強調するが、権団体などは政権に批判的なを抑圧する手段になるとして反対していた。最近はドゥテルテ氏に批判的な報道機関...

新しい生活様式に合致 低温加熱式たばこ再注目

国の新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」が示され、外出を控えるが増えている中、たばこを吸わない家族がいる喫煙者からは、改めて「加熱式たばこ」を見直す動きが出てきている。とりわけ、低温加熱方式の商品は高温加熱方式のものに比べても独特の「焦げ臭...

サグラダ・ファミリア限定公開 医療関係者ら招き謝意表明―スペイン

【バルセロナ・ロイター時事】スペイン北東部カタルーニャ自治州の州都バルセロナにある世界遺産サグラダ・ファミリア教会が4日、医療や警察、NGOといった社会を支える部門に勤務するに限定して公開された。「新型コロナウイルス感染拡大阻止に向けた戦いの最前線にいる...

モルモン教、中国で神殿開設目指す 背景に拡大志向のDNA

香港(CNN) 中国・上海の中心部にある高層ビルの会議室。毎週日曜日に末日聖徒イエス・キリスト教会(LSD)の信徒が集まるとき、必ず1は奥の入り口付近の席に着く。 間違ったが入室するのを防ぐ狙いだ。といっても、宗教上の秘密を守るためではない。モルモン教は...

トルコ 花火工場が爆発 2人死亡70人以上けが

トルコにある花火製造工場が爆発して火災が起き、2が死亡し、70以上がけがをしているほか、多くのが取り残されているという情報があり、消防などが確認を急いでいます。 続きを読む. トルコ北西部のサカルヤ県で3日、花火工場が爆発し、火災が起きました。トルコ政府...

トランプ氏、花火強行 米独立記念日へ感染懸念

米ホワイトハウスは2日、トランプ大統領が3日に中西部サウスダコタ州を訪れ、リンカーンなど歴代大統領4の顔が山肌に刻まれた景勝地ラシュモア山で花火大会を参観すると発表した。4日の独立記念日に合わせた連休で多くのが参加する見込みだが、互いに距離を取る...

ミャンマーのヒスイ鉱山で土砂崩れ、少なくとも113人が死亡

泥の波にのまれた々. ミャンマー当局によると、同国北部カチン州パカン(Hpakant)郡区にあるヒスイ鉱山で土砂崩れが発生し、少なくとも113の遺体が発見されたという。死亡したのほとんどが鉱山で小さなヒスイの破片を探していたたちである。...

トランプ氏意向で花火大会強行

ワシントン共同】米ホワイトハウスは2日、トランプ大統領が3日に中西部サウスダコタ州を訪れ、リンカーンなど歴代大統領4の顔が山肌に刻まれた景勝地ラシュモア山で花火大会を参観すると発表した。4日の独立記念日に合わせた連休で多くのが参加する見込みだが、...

Copyright© KURAGE online | 世界 の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.