KURAGE online | 世界 の情報

KURAGE online | 世界 の情報

「 ロンドン 」 の情報 

英加、ロシアのG7復帰支持せず 精査や議論必要

ロンドン/オタワ 1日 ロイター] - 英国とカナダは1日、ロシアの主要7カ国首脳会議(G7サミット)復帰を支持しないと表明した。同時に、英国は主催国が招待国を決定するのが慣習であることを踏まえ、米国の提案を見極める意向を示したほか、カナダはさらなる議論が必要とした。...

UPDATE 1-英加、ロシアのG7復帰支持せず 精査や議論必要

(内容を追加しました). [ロンドン/オタワ 1日 ロイター] - 英国とカナダは1日、ロシアの主要7カ国首脳会議(G7サミット)復帰を支持しないと表明した。同時に、英国は主催国が招待国を決定するのが慣習であることを踏まえ、米国の提案を見極める意向を示したほか、カナダは ......

米脱退、WHOに打撃 「中国寄り」加速する恐れも

【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO)の最大拠出国である米国が脱退すれば、新型コロナウイルスへの世界的な対応に影響を与えることが予想される。WHOは今後、財政的支援に積極的な姿勢を見せる中国を頼る可能性があり、「中国寄り」がさらに進むことも懸念されて ......

神父のローブの中に消えた猫、教会のネット礼拝に「侵入」 英

ロンドン(CNN) 英国の教会で神父がインターネット礼拝を行っている最中に、1匹の猫が現れ、神父のローブの中にもぐり込んで姿を消してしまう一幕があった。 カンタベリー大聖堂のロバート・ウィリス司祭は、庭園の椅子に腰かけて説教を行っていた。そこへ1匹の猫が画面に ......

英、脱中国依存に動く 欧米で広がる警戒

【ロンドン=板東和正】英国が通信・医療分野における中国依存の解消に向けて動き出した。新型コロナウイルスや香港などをめぐる中国の対応への不信感が背景にあるとみられる。米国が中国との対立を深めるなか、欧州やオーストラリアも中国への警戒を高めており、「中国 ......

仏飲食店・美術館再開へ 2日から移動100キロ制限は撤廃

【パリ=竹田佳彦、ロンドン=藤沢有哉】フランス政府は二十八日、新型コロナウイルスの感染の勢いが鈍化していることを受けて、第二弾となる移動制限の緩和策を発表した。国土の大半で六月二日から飲食店や文化施設の営業が可能になる。 フィリップ首相は、レストランやバー ......

英、香港市民の滞在可能期間を延長へ 中国「国家安全法」に対応

【ロンドン=板東和正】英国のラーブ外相は28日、中国政府が香港に国家分裂行為などを禁じた「国家安全法」を導入する方針を撤回しない場合、英国発行のパスポートを持つ香港市民の英滞在可能期間を延長すると表明した。 国家安全法の導入で香港の「高度な自治」が失 ......

英首相の上級顧問が「後悔せず」、封鎖措置中の長距離移動に批判も

ロンドン(CNN) ジョンソン英首相の上級顧問を務めるドミニク・カミングス氏は25日、ロックダウン(都市封鎖)の実施中に長距離移動をしたとして批判されている問題についてインタビューを受け、後悔はしておらず、謝罪をするつもりもないと語った。 カミングス氏は国民が新型 ......

英首相顧問が辞任否定 外出制限中に親類宅へ遠出

【ロンドン=中島裕介】外出制限中に400キロ以上移動して親類宅を訪問したことが問題視されている英首相官邸のカミングス上級顧問は25日の記者会見で、「自らの行動に後悔はない」と述べ、辞任しない意向を表 ......

英首相側近、制限中に遠出

【ロンドン=中島裕介】英国のジョンソン首相の側近のドミニク・カミングス上級顧問が、外出制限中に妻とともに400キロ以上移動し親類を訪ねていたことが英メディアの報道で明らかになり、批判が高まっている。政権側は同氏の妻に新型コロナウイルスの症状が出たため、子供を ......

Copyright© KURAGE online | 世界 の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.