KURAGE online | 世界 の情報

KURAGE online | 世界 の情報

「 フィリピン 」 の情報 

マニラ空港、第3ターミナルの運用再開

フィリピンのマニラ国際空港公団(MIAA)は3日、ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の第3ターミナルの運用を8日から再開すると発表した。国際線を運航する。新型コロナウイルスで各国が入国規制を実施している影響で閉鎖していたが、約3カ月半ぶりに再開する。 第3ター…...

報道機関も弾圧対象か フィリピンで反テロ法成立 令状なし逮捕が可能に

フィリピンで治安当局の権限を拡大する「反テロ法」が3日、ドゥテルテ大統領の署名により成立した。政権は反政府勢力の取り締まり強化が目的と強調するが、権団体などは政権に批判的なを抑圧する手段になるとして反対していた。最近はドゥテルテ氏に批判的な報道機関...

フィリピン、「反テロ法」成立 当局の権限拡大に批判も

【マニラ=遠藤淳】フィリピンのドゥテルテ大統領は3日、軍や警察など治安当局の権限を拡大する「反テロ法」に署名し、成立させた。強権的な統治を加速し、反政府勢力の摘発を強化する。令状なしで長期間の逮捕・...

フィリピン バスの感染対策 条件厳しく事実上運行できず

フィリピンでは、新型コロナウイルス感染拡大が続く中、「ジプニー」と呼ばれる乗り合いバスの運行再開が3日から首都マニラで認められました。しかし、運行の条件が厳しく、事実上、再開できない状況が続いていて、市民からは不満の声があがっています。 続きを読む....

フィリピンで「反テロ法」成立

【マニラ共同】フィリピンのドゥテルテ大統領は3日、軍や警察など治安当局の権限を拡大する「反テロ法」に署名し、成立させた。令状なしで容疑者を逮捕、拘束できる期間を従来の最長3日から同24日にするなどの内容で、強権体制に拍車が掛かる恐れがある。 ロケ大統領報道官...

日本、フィリピンに円借款500億円 新型コロナ対応支援

【フィリピン】日本政府は新型コロナウイルス危機対応のための緊急支援としてフィリピン政府に500億円の円借款を供与する。1日、マニラで羽田浩二駐フィリピン大使とフィリピンのテオドロ・ロクシン外相が交換公文に署名した。 フィリピンは新型コロナウイルス感染症の感染者が...

コロナ緊急支援に借款500億円、日本政府

日本とフィリピン両政府は1日、新型コロナウイルス危機対応のための緊急支援に関する交換文書に署名した。日本からの供与額の上限は500億円。新型コロナの緊急支援に関する円借款供与はフィリピンが初となる。 アジア開発銀行(ADB)との協調融資による財政支援...

他界した父親からメールが届いて驚く女性 書かれていた内容に言葉を失った

フィリピンに住むアリッサ・メンドーサさんは、ある日届いた1通のメールを見て目を疑いました。 なぜなら差出が10か月前に腎臓の病気で他界した彼女の父親だったからです。 メールが届いた時間が午前3時だったこともあり、怖くなった彼女はそのメールを開くことができません...

有罪判決のフィリピン記者 「報道の自由の危機」

フィリピンの裁判所から名誉毀損で有罪判決を受けた同国のジャーナリスト、マリア・レッサ氏は22日、日本外国特派員協会主催のオンライン記者会見で「報道の自由を奪う行為だ」と力を込めた。政権に批判的な報道...

亡き父からメールが届いた娘、母親へ25周年の結婚記念日に涙のサプライズ(フィリピン)<動画あり>

亡き父からメールが届いた娘、母親へ25周年の結婚記念日に涙のサプライズ(フィリピン)<動画あり>の画像. このほどフィリピンから、は亡くなっても大事な相手に愛を伝えることができることを証明するような話題が届いた。10か月前に死去した父親からメールを受け取った娘...

Copyright© KURAGE online | 世界 の情報 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.